2015
07.25

畑も整理整頓が欠かせない

農業

農家が作る野菜の腕は畑を見れば分かるらしい。
腕のいい人の畑は管理が行き届いていて畑が「きれい」なのだ。
露地野菜の作り方にはざっくりと「慣行農法」「有機農法」「自然農法」があり農薬の量や使い方が違うため雑草の生え方も変わってくるため一括りにはできないのだが、従来どおりの農薬量である「慣行農法」であっても雑草が多い人の畑はたくさんある。
e54defb81db521fc7e5d2cf7351a37be_s
雑草管理方法については、あえて野菜につく害虫の天敵となる蜘蛛などの居場所を作り野菜を育てる方法などもあり、雑草のない完璧にきれいな状態が良いのかと言えばそうとも言えないらしいので今後学びたいと思うのだが、それと畑を「きれい」に管理することとは別のようだ。
畑の状態を常時見ていないと土や野菜の状態が把握できなくなる。旬の収穫時期をいつの間にか逃し野菜の状態が悪くなることで虫も入りやすくなる。
いつも部屋がきれいな人は毎日少しずつ整理整頓を欠かさないがその感覚だ。1日の涼しい時に雑草取りを欠かさない。ぜひ見習いたいところだ。
隣の畑でネギを作る通称「親方」。畑はいつ見ても管理が行き届いてネギも立派だ。我々が作るネギを見て触り一言「まだまだだね。」70歳は超えるであろうその人はなんか楽しそうだった。
(Visited 553 times, 1 visits today)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA