2014
11.10

所得のフラット化と地方都市駅前のフラット化について

考えや気づき

@cafeで所得のフラット化 〜世界の変化をビジュアルで見る〜という記事を拝見し、すげー分かりやすな〜と思いました。

日本の賃金低下は海外に流れたからなんですね。日本人総中流社会はなくなっていくようです・・・。あらー。。。

このような世界規模の難しいことは、スーパー賢い人たちが分かりやすくまとめたものを拝見しエッセンスをいただくこととし、

 

1700万人の大卒米国人が学歴より低い仕事に甘んじている

 

じゃあ日本なんか今後かなりまずいじゃないですか。昔のような分かりやすい、ドラゴンクエストのようにレベルが順調に上がっていく仕事は

限られてしまったわけですね。そんなの成長産業だけだよと。(成長産業じゃない場合は賢い工夫がいる)

 

何気なく選んだ会社員ですが、そこはもう昔のような安住の地ではなかったわけですね。。。

仮に正社員だったとしても、忙しくて権限はないが責任だけは十二分にある。(そりゃ精神疾患増えるよね。)

 

私が会社に入った時は、そういえばボーナスは年3回でしたし、毎日補食なるものがあり晩飯がつきました。新幹線通勤も許可されました。共働きでも社宅に入れました。

そういえば今はもう全部なくなりましたね。(遠い目)

 

 

また、私は建築が専門なので、この問題から地方都市駅前のフラット化を連想しました。

私の地元は栃木県小山市で東京近郊の地方都市です。20年ほど前までは小山遊園地のCMで東京でも知名度があった街です。

以前は駅前商店街も栄えていたのですが郊外のバイパス道路沿いが発達したことによりもう見る影もありません。

車社会ですので、駅周りよりもバイパス沿いの方が当然便利ですから便利な方に需要は流れていくわけです。

駅前の商店街以外の建物群を見ると、

①工場⇨②駐車場⇨③住宅展示場⇨④大学と駅前が大きく変遷しています。

その中でかろうじて残っているのは、中小規模スーパー、ドラッグストア、ファーストフードぐらいでしょうか。

また、非常に寂しことに、消費者金融だらけになっています!

 

そのような地方都市駅前で 建築的に魅力的な空間を作れないかを考えるワークショップに参加したことがあるのですが、

バスターミナル駅ビル、ペデストリアンデッキで線路で分断された街をつなぐ。ぐらいしか案が出なかったです。

仮にそうした施設ができたとしても、バイパス道路沿いの便利さには敵いませんから特に効果はないですし魅力的な空間とも言えないです。

もうなるようにしかならない。と。

景色がいいわけでもなく、街としても駅前にコンパクトにまとまっているわけではないので、街の魅力が薄まってしまっている状態です。

 

ワークショップに参加していた大学の先生もバブルで過剰だった街づくりが落ち着いて経済の状態に合わせた形に均された。小山市のような駅前では建築で提案できることは限られると言っていたのが印象的です。

 

地方都市が抱える問題が大部分同じようになってしまっている原因が公共事業のばらまきにあったのは言うまでもないと思います。画一的に対策を考えると変化にまったく対応できなくなりますね。

時代の変化の波に乗らねば!!

(Visited 55 times, 1 visits today)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA