2015
10.04

冬収穫用の野菜

video blog

冬収穫用の野菜として、ほうれん草としんつみ菜の種まきをしました。2つとも成長が早く種まき後2ヶ月半程で収穫することができます。ぐんぐん成長しますので毎日見ていて楽しいです。

ごんべえ(自動種まき機)

約2500m2程の面積に種をまきますのでごんべえ(自動種まき機)という農機具を使います。このごんべえいくらすると思いますか?

 

 

なんと! 4万円もします! 専用機械でそんなに数が出るわけではないことからこの値段設定らしいです。作りは非常にチープです。

 

IMG_2985

種をまく間隔はこの専用ベルトで調整します。品種によってベルトを使い分けることで、適切な間隔で種を蒔くことができます。ベルト穴に種が入り一つづつ、ポトポトと種が落ちてくる仕組みになっています。

 

IMG_2986

箱状になっている部分に種を入れベルトで種を一つづつ運び、ごんべえの中央部から種が落ちる仕組みなっています。ごんべえの下部には、土を掻き分けて土を被せるための鉄板が付いています。なかなか機能的です。

 

しんつみ菜とほうれん草

IMG_2974

写真は種をまく部分に敷いてあった太陽熱マルチを剥がし通路部分に被せ直した写真です。種まき前に太陽熱マルチをかけ雑草を生えにくくすることがで、管理が容易になります。2500m2の菜っ葉間の雑草管理など考えただけでも稼働が大変です。

 

IMG_3003

太陽熱マルチの熱で雑草が枯れていきます。本当に便利です。この太陽熱マルチ、トラクターで敷くことができるので手間がかかりませんが効果は絶大です。

 

IMG_2997

 

IMG_2980

ぐんぐん成長していくかき菜とほうれん草。あと1ヶ月半程で収穫になりますので、成長記録なども撮影していきたいと思います。この2品目は春に種まきして6月ぐらいに収穫することもできます。春と冬に収穫できる野菜です。

 

 

(Visited 203 times, 1 visits today)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA