2015
12.02

ナチュラル雑貨 穀菜レストラン『RITZN』

お店

地元茨城で気軽に行けて美味しいビーガンカフェはないものかと探してたのですが、つくばにいいお店を発見したので紹介したいと思います。『RITZN(リッツン)』です。まず最初に東京の有名どころのビーガンカフェはいろいろといきましたが、このお店の料理はクオリティがかなり高いと言っておきましょう。美味しいです。

 

今回食べたのは、ベジタリアンバーガーとおかずセットです。おかずは本日の穀菜3品で、今日は、テンペのハンバーグ、カリフラワーとはと麦のサラダ、車麩と里芋の含め煮です。

IMG_0566

IMG_0570

 

ビジバーガーのバンズが非常に美味しい。全粒のバンズだと思いますがチェーン店のベジバーガーの味とは比ではないと言っておきましょう。おかずの味も丁寧です。

 

ホームページより、

りっつんの人気メニュー「ベジバーガー」は全て手づくり。バンズは厨房で焼き上げられる自家製パンを使用しています。「りっつんのパン」メニューとして、高きびでできたパテと旬の野菜をサンドした「ベジタリアンバーガー」、テンペのフライと旬の野菜をサンドした「テンペバーガー」の2種をお楽しみいただけます。より美味しく・安心・安全にを目指して作ったりっつんバーガー”本当のベジタリアンバーガー”をどうぞお試しください!おかずやドリンクとのセットも人気です。

 

ベジスイーツも種類が豊富です。いただいたのは豆腐を使ったティラミス風ケーキでほどよい酸味が効いています。

IMG_0575

 

ナチュラル雑貨も多数扱っているのでちょくちょく通うことになるお店でしょう。また紹介したいと思います。

 

RITZN

白米より「玄米」、レンジでチンより「煮る炊く蒸す」、化学調味料より「昆布だし」、ポストハーベストより「純国内産無農薬」、そして腹一杯より「腹八分目」が体にいいことは、もう誰もが知っていることです。知らなきゃいけないことは『食卓への取り入れ方』。

ビタミンB1は白米の10倍、毒素排泄に働くフィチン酸は白米の6倍も含まれているのに玄米はおいしいこと、煮る炊く蒸すがことのほか愉快なこと、昆布だしは水につけるだけでとれること、そして、ゆっくり噛んで食べれば腹八分目なのです。

「りっつん」はみなさんの生活を豊かにする「新しい方法」の入り口。おいしい編集でお客さまをお迎えするショップです。ご来店お待ちしております!

 

 

 

 

 

(Visited 162 times, 1 visits today)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA