2015
12.27

自家製の堆肥

あしたを拓く有機農業塾

明日をひらく有機農業塾で自家製の堆肥を見せてもらいました。そもそも堆肥とは次のようなものを指します。

wikipediaより

堆肥(草、落ち葉、生ゴミ、作物くず など)

堆肥(たいひ)とは、有機物を微生物によって完全に分解した肥料のこと。有機資材有機肥料)と同義で用いられる場合もあるが、有機資材が易分解性有機が未分解の有機物残渣も含むのに対し、堆肥は易分解性有機物を完全に分解したものを指す。

1年以上寝かせることで落ち葉や草が腐葉土になっています。畑に元肥、追肥として利用できるほか苗に使うこともできます。苗で使う場合は経験が必要で途中で肥切れする可能性があるため注意が必要です。塾では経験からボカシ肥料、牡蠣殻石灰を二つかみ程まぜて使っていました。

(Visited 170 times, 1 visits today)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA