2014
12.01

会社が抱える共通の問題に対する傾向について(建築業界とリゾートホテル業界を比較)

会社組織について

会社のために尽くしているのになぜ?会社員として仕事をしていると、個人の力ではどうにもならない憤りを覚えることがある。特に腹立たしいのが社員同士の足の引っ張り合いと、企業価値の低下だ。

リゾートホテルに勤務する友人に会社が抱える問題について意見を聞いてみたところ、どうやら同様の問題に直面しているようだ。

共通するのは、事業規模を拡大し過ぎたことと、人件費を下げてサービスの質を落としたことだ。私の会社では、事務職以外に技術職にも多数の派遣社員を雇用し始めた。一方リゾートホテルでは、ウェイターや調理場はほぼ派遣社員だそうだ。つまり、非正規雇用社員を大量に雇用したのだ。誤解がないように言っておきたいが、私は単に派遣社員が悪いと言っているわけではなく、非正規雇用の派遣社員に正社員と同じ責任と成果を期待するのはいくら何でも無理があると思うのだ。オリエンタルランド並みのブランド力と統率力があれば別だが。

非正規雇用社員の大量雇用により、社内階層化が進み労働待遇格差を原因とした足の引っ張り合いが激化した。また、低価格競争から仕事の質が低下したことで評判が悪くなり、仕事も無くなる。その結果、企業価値が下げ止まらなくなってしまうのだ。

終身雇用を原則とした従来の日本的経営の『新卒で勤めた会社で定年までみんなで一緒に頑張る。』というビジネスモデルは、もう破綻してしまっている。(業界、業種によってはすでにそんなものはないと言われてしまうが、私の業界にははっきりtp存在していてそれが当たり前かのような不文律がある。)

会社の抱える問題と展望について、起業家で作家の山口揚平さんは、著作【まだ会社にいるの?】で次のように述べている。

 高度経済成長が終わり、会社という共同体の維持が目的となってしまうのは、成長を目標とする組織がかかえるジレンマ

これからは、会社を選ぶ時に何をやっているか?ではなく、会社として本当に何を大切に考えているか?を基準にする必要がある。

厚生労働省のデータでは、会社員のうつ病はこの10年で絶対数が2倍以上に増加している。 2011年には100万人を超えたそうだ。

この憤りやうつへの対策は難しいが、仕事への視座をはっきりと持つ事が処方箋になるのではないか。働くことはどんな意味を持つのか?仕事で本当に大切にしていることは何なのか?それを常に意識し社内だけでなく社外にもネットワークを広げてコミュニティを作っていくことが不安定な時代を生き抜く知恵になるような気がする。

(Visited 211 times, 1 visits today)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA