2015
02.17

伊東に行くなら〜

旅行, 温泉

今さらの投稿ですが、12月に一人で旅行できる時間が取れたので温泉に行きたくなりいろいろと検討した結果、ハ・ト・ヤ ♪ のCMでおなじみの伊東に行ってきました。ですが、今回はハトヤではなく前から行ってみたかった星野リゾートの界伊東に泊まってきました。どうしても伊東でなくてはというわけではなかったのですが、東京近郊の星野リゾートを比較すると伊東がコストパフォーマンスが高めに見えたのが決めてとなりました。

星野リゾートのブランド

星野リゾートは大きく 『星のや』『界』『リゾナーレ』のブランドを展開しています。そのコンセプトは次のとおりです。

  •  『星のや』

圧倒的非日常感に包まれる日本発のラグジュアリーホテル

  • 『界』

地域の魅力を再発見。心地よい和にこだわった上質な温泉旅館

  • 『リゾナーレ』

洗練されたデザインと豊富なアクティビティをそなえる西洋型リゾート

『星のや』は言わずと知れた高級旅館なので今回は当然パス。『界』と『リゾナーレ』の中から電車でも容易に行けそうな東京近郊の施設を探した結果、

  • 界熱海、界伊東
  • リゾナーレ熱海

をリストアップ。料金を比較してみると、

  • 界熱海:平日(42000円 大人一人一泊二食付き) ※休日はコースにもよるが50000円〜60000円台
  • 界伊東:平日(26000円 大人一人一泊二食付き) ※休日はコースにもよるが30000円〜50000円台
  • リゾナーレ熱海(21000円程度 大人一人一泊二食付き) ※※休日はコースにもよるが45000円〜55000円台

立地やグレードで考えると界熱海に行ってみたかったのですが家庭の懐事情により即却下。家族向けリゾートのリゾナーレ熱海と純粋な温泉旅館の界伊東どちらにしようか悩んで界伊東に決定しました。

 

伊東のお魚はめちゃめちゃ美味しい

少々早めに伊東に着いたことから、お昼をちゃんとしたお店で食べることにしました。

食べログで検索したところ、伊東魚市場仲介人直営店のお店で高評価の『まるげん』さんを発見。伊豆や伊東は金目鯛が有名なことからやはり魚でしょう。

  • 楽味家 まるげん (静岡県伊東市猪戸1-4-1)

SONY DSC

 

ランチには伊豆地魚定食メニューがあります。

・まるごと一匹伊豆金目鯛の煮付け定食

・お刺身定食

・地魚海鮮丼

・地あじのたたき定食

・自家製干物定食

・お魚ハンバーグ定食

・鯖の煮付け定食

・地魚のミックスフライ定食               (一部)

その中から今回は金目鯛の煮付けとお刺身のセットでお得な定食をチョイス。品が届くまでは、金目鯛がもしかしたら小さいのかもなどと心配していましたが全くの杞憂でした。。。

SONY DSC

金目鯛のアップ。このサイズで金目鯛煮付け定食よりもサイズ小さめなのだとか。素晴らしいボリュームです。ご飯とお味噌汁もお代わり自由。

SONY DSC

 

 

食後は伊東の商店街にある美味しそうな珈琲屋さんでコーヒーをいただきました。

コーヒーはエスプレッソに近いようなかなり濃いめなので好みは分かれるところでしょう。

SONY DSC

SONY DSC

SONY DSC

 

 

 界伊東

界伊東は駅から歩いて10分程度のひっそりとした場所に立地しています。

建物はそんなに大きくありません。いや想像よりもかなり小さいと思います。

正面玄関

SONY DSC

ロビー

少々お香の匂いが強いかも。

SONY DSC

温泉への渡り廊下から温水プールを見る 

12月で外は小雨がちらつき雪に変わりそうな天気だったことから当然温泉プールに入っている人はいませんでした。渡り廊下の先に温泉があるのですがそこまで行くのも寒いぐらいです。

17時まではサービスで生ビール、おつまみのお新香が食べ放題でした。当然飲みまくりました。

SONY DSC

晩飯の献立

SONY DSC

・食前酢:山桃

・先付:生桜海老、生姜、加減醤油

・八寸:フォアグラ干し柿、寄せ豆乳春菊味噌、八方だし、鴨燻製とりんごの串、ずいきの土佐和え、鮭餅アーモンド、蟹と菊花の砧巻き、小松菜と焼き椎茸のお浸し、くずし茄子とんぶり飛び子

・お椀:南京のすり流し、大根餅の揚げだし棒蟹絹さや

SONY DSC

SONY DSC

SONY DSC

界伊藤流お造り取り合わせ

SONY DSC

SONY DSC

SONY DSC

SONY DSC

揚げ物:鳥と根菜とフォアグラの東寺揚げ、野菜てんぷら、抹茶塩、レモン

SONY DSC

蓋物:茄子と鶏そぼろの博多蒸し、彩あん トマト味噌

SONY DSC

SONY DSC

台の物:和牛の三味焼き

SONY DSC

 

お米:山形一目惚れ

SONY DSC

 

SONY DSC

SONY DSC

 甘味:冬のおすすめ林檎のデザート

SONY DSC

朝食お品書き

SONY DSC

SONY DSC

SONY DSC

宿泊した部屋

平日大人一人宿泊プランで泊まったので、当然めっちゃ狭い部屋でした。界伊東は家族向けの中部屋・大部屋と1人〜2人向けの小部屋で構成されています。平日で中部屋も空いているようだったのでそっちに泊まらせてくれればいいのにと正直思いました。部屋はいたって普通です。

SONY DSC

SONY DSC

 

界伊東の感想

平日大人一人宿泊プランでしたが、平日料金であれば値段相応だと思いました。土日料金だったら高いと思いますが伊東の立地と温泉などから考えるとこの金額が妥当なのかもしれません。部屋は小さくて不満でしたが、温泉はぬる湯で泉質も柔らかく個人的には好みでした。しかし、界伊東は伊東の平地に立地しているため景色などは全然良くありません。

サービスについては、星野リゾートですのでとても感じ良く非常に親切でお客様をおもてなしする心が身についていると思います。がしかし、従業員の皆さんは総じて年齢が若くどこか堅い印象を受けます。例えば、食事の上げ膳、下げ膳の所作などはもう少々研修が必要ではないかなと思います。企業が若い印象を受けます。実際平均年齢が35歳ですし。

料理はとても美味しかったのですが、味が少々濃いめで量が多いため個人的には喉が乾きました。

再訪について

宿泊料金が若干高いので、また行くかどうかについては、他の同価格帯の旅館を利用した上で決めたいというのが正直な感想です。伊東に行くなら、ハ・ト・ヤさんにも泊まってみたいですし。高台に景色が良さそうな旅館やホテルが立ち並んでいますから、それを見るとあっちにも泊まってみたいと思うのは当然だと思います。

ただ、平日プランでも空きがあった場合中部屋や大部屋に泊まれるのであれば界伊東が常に第一候補として抽出されるかもしれません。そうした柔軟性があったらありがたいですが、高級旅館の部類に入るのでそうしたことはやらないのかもしれませんね。

また、アメニティ面では部屋内でwifiは使えるようにしてほしいところです。温泉宿に泊まりに来た時ぐらいパソコンしないで下さい的なコンセプトなのかもしれませんが。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(Visited 4,058 times, 1 visits today)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA