2014
11.01

スマートノート(岡田斗司夫さん)を読んで実践しています

読書

日記や手帳術に以前取り組んだことがありますが挫折しました。

夢に日付をとか言われても、さっぱりピンときません。

オリンンピックに出るわけじゃねーよ。と。まず目標をどうしよう??みたいなところですよね。

 

先日、カジケンブログを書かれているカジケンさんのセミナーに参加して、岡田斗司夫さんのスマートノートというものを実践されていると聞き、早速チャレンジしてみることにしました。

現在2週間継続していて、スマートノートなかなか気に入っています。

他の手帳術等では、完璧なスケジュール管理がされていて、たしかに実践できたらいいですが、そもそもそれが続きません。

 

スマートノートで特に面白いなと思ったのが次の点です。

・ノートを使い論理訓練をしよう。論理の練習場だ。

・通常人が考えていることは、考えているのでなく、ただ感じているだけなのだ。

・考えるということは、自分なりの結論を持つこと。

・これを継続すると、ある日考えたことが脳内リンクで分かる日がくる。

・脳は工場ではない。農場なのだ。いろいろな種をノートに蒔き、そして多毛作を目指す。

・論理的な考察から、最終的に面白いことを書け。人は面白くなければ正しい意見も聞いてくれない。

論理の訓練をノートに書くことは、仕事上では取り組んでますが日記のように毎日書くことは考えませんでした。

仕事は会社でするものというサラリーマンの発想だったからだと思いますが、

たしかに今までにない脳内リンクを日々感じます。方向性が少し明確になりました。

会社員として働いて15年。考え方が少し偏っていたことに気付かされました。

古い体質の成熟した会社では、立場が高くなればなるほど仕事が楽になる傾向がありますから、

少々手を抜きすぎていたのかもしれません。仕事の勉強もほぼしなくなってましたし。英語ぐらいはやってましたが。

 

自分の興味のある分野を突き詰めるために、やりたいことを仕事にしている人たちが羨ましくなりましたが、

今特にやりたいことで食べていけるわけではないので、とりあえずスマートノートを頑張る毎日です。

 

そして、ブログを面白くしないと閲覧数が伸びないことに悩む毎日です。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(Visited 762 times, 1 visits today)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA