2015
04.07

1PASSWORDでMASTER PASSWORDを忘れた場合の対応

アプリ

随分前にパスワード管理ソフト1PASSWORDをセールで購入していたが、MAC付属のフリーソフト、キーチェーンアクセスでも事足りることからキーチェーンアクセスを利用するようになっていた。
そうこうするうちになんとMASTER PASSWORDを忘れてしまう大失態をしてしまった。なんてこったい!!
とりあえずキーチェーンアクセスを利用していたが機能的に劣るため不都合があり、がんばって1PASSWORDを再設定した。その奮闘記を備忘録的にメモしてみた。

1PASSWORDとキーチェーンアクセスの違い

 

そもそもの違いについて簡単に書いてみた。両方とも完璧に使いこなせているわけではないので詳しい使い方などはググってみてほしい、写真付きで詳細にまとめたサイトをいくつも見つけることができるだろう。両方ともID・複数のPASSWORDをMASTERPASSWORDを使って集中管理できるアプリだ。
キーチェーンアクセスはMAC付属ソフトのため、Safariでしか利用できない。
1PASSWORDはMAC版が通常価格5000円、iPhone版がプレミアム機能利用で1200円と高価だ。当然キーチェーンアクセスよりも使い易い。双方のアプリで利用できるパスワード生成機能も1PASSWORDでは桁数、記号などを選ぶことができる。

キーチェーンアクセスの不便さ

 

8e59eb4aa29ce1b551b409bed0416068_s
なんとキーチェーンアクセスでは、保存されているPASSWORDをiPhoneで見ることができないのだ。
HPによっては、一定期間を過ぎるとセキュリティのためパスワードの再入力を要求してくる。この時、MACでしかPASSWORDが見れないと非常に不便で外を出歩いている時に急にログインできなくなってしまうことがある。
または、緊急の都合によって他のパソコンでアプリを使いたい時にPASSWORDが分からないのだ。
 対処法として、iPhone内に別途PASSWORDを保存するか、または、あえて簡単に分かるものにして対応することが考えられる。セキュリティ上、本末転倒だ。
この点が1PASSWORDではiPhon版アプリとicloudで連携することによりiPhoneに自動でパスワードが保管される。そして、それを自由に閲覧、適宜コピペできるのだ。これが本当に便利。

MASTER PASSWORDを忘れた場合の再設定

 

いくつかの1PASSWORDまとめサイトを見たところ、方法は再インストールしかないようだった。1PASSWORDをアンインストール後App Storeを確認すると、なんと再度5000円を支払ってねの文字が。そんなばかなの思いで1PASSWORD製作会社のHPを確認するとなんとすべて英語、会社への質疑応答メールも英語onlyだった。google翻訳を使い英語と格闘したが該当する答えは見つからなかった。
ここで悩むこと1時間。MACの再起動を思いつく。
アプリ再度購入の文字が消え再インストールできるようになった。
ふぅ〜、やはり基本が大事なんだなと思った。
アプリを無事無料で再インストールすると、今度はなんとアプリ初期設定の画面ではなく、MASTER PASSWORDを入力してくださいの文字が。パソコンに詳しくない自分には何故なのかさっぱりわからず右往左往。数日悩んだ末に過去のアプリデータがどこかのフォルダに保存されているのではないかという思いに至る。調べるとApp clearなるアプリがあり、これを使えばきれいにアンインストールしてくれるらしい。
App clear使用後、MACを再起動し1PASSWORDをスタートすると、そこにはようやく初期設定の文字があった。
疲れた〜。
皆さん、MASTER PASSWORDは大事にしよう!
 bb16ec7700852e03408be4a66b5343b3_s
(Visited 8,205 times, 9 visits today)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA