2015
04.23

からだの自然治癒力をひきだす食事と手当て

マクロビオティック

マクロビオティックの世界では知らない人はいない大家、大森一慧先生の著書「からだの自然治癒力をひきだす食事と手当て」を紹介したい。

マクロビオティックに取り組んでいなくても体調が悪い時に食事療法で対処したい時には読んでみてほしい。各症状に合わせて、食事療法が書かれている。その食事を取ると、たしかに今体がほっしていたかもしれないという気にさせる。体に染み入るのだ。やはり自炊だなと遠い目をしながら思うこと間違いなしだ。

台所は家庭の薬局です。

食べ物には、本来、体を養う栄養素だけでなく、いのちのバランスを整える働きがあります。私たちは食べ物の生命力をいただくことで健康を保っているのです。なぜ食べるのか、何を食べる必要があるのか。食の持つ本質をさぐることで私たちにとっていちばん大切なことが見えてきます。家庭の薬局・台所にこそ家族の健康をささえる秘密があります。

疲労回復や胃腸強化、二日酔い、気分が滅入っている時などは梅しょう番茶がよく聞くそうだ。梅しょう番茶は、三年番茶、しょうゆ、しょうが汁、梅干しで作る昔からある簡単滋養強壮剤のようなものだそうだ。自然食品店に行くと番茶でとくだけの梅しょうなる商品が売られていて便利だ。ぜひ二日酔いで胃腸が弱っている時に飲んでほしい。体に効いているのがよく分かるだろう。

 

(Visited 510 times, 1 visits today)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA