2015
05.10

複雑化する組織の論理

会社組織について

先日、複雑化する会社組織の論理についていろいろと書いてみたが反響があったのでもう少々噛み砕いてまとめることにした。
終身雇用の硬い会社で手広く仕事をしていくと目立つ仕事(新規事業)、目立たない仕事(既存業務)などの濃淡ができやすい。
この手広い仕事のしかたは社員の人格形成にも大きな影響を及ぼしていたようにも思う。目立つ仕事(新規事業)、目立たない仕事(既存業務)どちらかにしか携わったことのない者は、他方の仕事のしかたになかなかアジャストできなかったし理解が足りなかった。そうした点も組織の論理を複雑化していた。企業としての芯がぶれていた。
個人的に社員を1000人単位で分析すると次のようないくつかのパターンに類型化された。
  • リーダー:一般的な意味でのリーダー
  • 技術者:一般的な意味での技術者
  • 大家の先生:いい仕事をすることが主たる目的ですべて自分事で対応してくれる。いい仕事をするためなら柔軟に対応する。ただし、先生であるため言いすぎる点がウィークポイント。
  • 官僚先生:抜群の賢さと政治力を有する。選挙はないため下には非常に厳しい。迷惑をかけられることを最も嫌い、もめ事は上手に下で処理することを好む。官僚的にほぼ100点常の回答を求めるためスピードやトライアンドエラーが求められる仕事ではマイナスに作用する。性格は気難しい。流れがくるまで上手に失点を防ぎ待つことができる人は最も優秀だった。
  • 発注、評論家先生:頭が固い。評論できることが優秀さとはき違えている。自分の方が上に立ち言えればよくそれ以降頭を使うことはないことから正しくない事が多い。状況、立場の変化、経緯、周辺環境などの外的要因などを読むということを知らない。自分の経験とほんの少しずらされると対応できなくなる。キャパを超えると傍観者となりすべて他人事だが評論はうまい。キャパ越えで部下に仕事を発注する発注者となるのがポイント。
終身雇用の硬い会社では社内調整が最も重要であり仕事への慣れが大きなポイントであることから、先生のように振る舞う人がたくさんいた。頭は硬いが野心家な人は必ず「発注、評論家先生」であり大きな問題はそこから発生していたように思う。
船頭多く船は進まない状況だったが、本当に会社のことを考え部下を率いて結果を出し会社を良くできるだろうなと思う真のリーダーだと思う人は、当然目立つ仕事(新規事業)しかやりたくないような人ではなかった。
定期的にまとめていきたいと思います。
(Visited 255 times, 1 visits today)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA